フレンチブルドッグの無駄吠えのしつけ方は誰でも簡単に行うことができます。

無駄吠えのしつけ方

フレンチブルドッグの無駄吠え対策と聞くと、フレンチブルドッグは吠えないのでは?とイメージされる方も多いようですが、実際には吠えるフレンチブルドッグは相当います。

ただダックスフンドやビーグル等に比べれば少ない程度です。フレンチブルドッグの対策方法としては、まずフレンチブルドッグが小型犬ということを飼い主がしっかりと再認識してあげることが大切です。

基本的にフレンチブルドッグのような小型犬は寂しがりやなので、寂しくならないようにぬいぐるみなどをサークルに入れたり、いつも遊ぶ場所に置いてあげるようにします。

他にはあまり静かな夜中もフレンチブルドッグは動揺しますので、ラジオを低い音でつけておいたりするのもお薦めです。

また、フレンチブルドッグが活動しているときに吠えたりした時は、直後に新聞紙を丸めて床を叩いて脅かしてみたり、水鉄砲に水をセットしてそのまま顔に放水したりすると効果があります。

他には晩御飯の時間を遅くしてしまうと、出来心のように消沈していくこともあります。また、無駄吠えした場合、あまりリアクションを大きくするとかえって吠える音が大きくなってしまうような場合は、無視するのが基本です。

吠えれば何かしてくれる、つまり要求モードになっていますので、癖をつけないためにも無視しておけば15分程度でやめると思います。

留守番でもよく吠えることがありますが、やはり急に人がいなくなればフレンチブルドッグも寂しくなってしまいます。

このような場合もすぐにいってかまってあげると、吠えれば来てもらえると勘違いしますので、鳴き止むのを待ってからしっかりおやつをあげたり遊んであげるのが良いです。

集合住宅などの場合は近所迷惑になってしまいますが、口輪をしたりするのも効果的です。他には静電気首輪などの専用グッズを利用して癖を治したケースも多くあります。

はじめは飼い主さんにもうるさいほどですが、あまり急激に叱るとやはりかわいそうですので、ずっと一緒にいることを考えて、根気強くしつけでいくことが大切です。

もしあなたが、フレンチブルドッグを飼っていて無駄吠えがひどいと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介する先生のやり方を実践することをお薦め致します。

先生はあることを実践したことによって、“たったの2秒”で吠え叫ぶわんちゃんをおりこうにすることが出来ています。

この先生のやり方をあなたが実践すれば、ほんの数秒で無駄吠えを止めさせることに成功されるはずです。先生のしつけのやり方は下記より確認することができますので、今すぐ詳細をチェックしてみてください。