フレンチブルドッグが下痢をしてしまう原因はいくつかあります。

下痢をする原因

フレンチブルドッグの下痢は身体の不調のサインと考えて間違いありません。

人間もそうですが、フレンチブルドッグも便や尿等に不調や病気のサインが現れるのが常です。

日頃からしっかりとフレンチブルドッグの健康状態を把握するためには、トイレの始末をする際に必ずチェックすることが大切です。

また、下痢をしても多少の変化だから気にすることも無いような場合もあります。例えばドッグフードを変えた時、この場合よくお腹がびっくりして、フレンチブルドッグは下痢を起こすことがあります。

特に子犬は始めて食べるものには敏感ですので、慌てずに同じフード量を加減しながら与えてみて、徐々に改善されれば問題はありません。

他にはフレンチブルドッグがストレスが溜まった場合もお腹を壊しやすくなります。住む環境、ハウスが変わればやはり多少の緊張はしますし、飼い主さんは変わらなくても、室内環境が変わった場合も要注意です。

このようなストレスは慣れるまでに時間がかかりますが、飼い主さんが積極的にケアしてスキンシップすることでも軽減は可能です。

また人間が飲む牛乳や乳製品を与えた場合もお腹を壊しくやすくなりますし、香辛料なども危険です。手づくりのフードを与える場合もフレンチブルドッグにマッチしたものを作れれば問題ありませんが、ちょっと味を工夫してみたり、人間の食べた余りを使ったりするのも危険です。

基本的には最初の症状から酷くならないのであれば、2日程度は様子見でも問題は無いと思います。またしっかり観察をしながら、例えば排泄物に血が混じっていたりしたらできるだけ早めに獣医さんに連れて行くことです。

できれば病院に便も持っていくとどのような病気なのか診察がしやすくなります。血便がある場合、消化管の寄生虫が原因である可能性も少なくありません。

この場合、飼い主さんにも移ることがありますので、衛生管理には注意が必要となります。ですが、薬物投与で治りますので、しっかり獣医さんの言うことを聞いて与えることが大切です。

下痢や嘔吐はフレンチブルドッグにとって、食事以外にも色々な接触が原因として考えられますので、飼い主さんが日頃の行動監視を徹底することが肝心です。