フレンチブルドッグの噛み癖のしつけ方で悩んでいる飼い主さんはこちらをご覧ください。

噛み癖のしつけ方

フレンチブルドッグに限らず、子犬の時期はどんな犬でも甘えたくて甘噛みはするものです。また、母犬であればこのような場合、軽く噛み返して痛みを覚えさせますし、兄弟がいる場合もお互いに噛むことでだんだんと覚えていくものですが、飼い主がフレンチブルドッグを噛むわけにもいきません。

また飼い主さんによっては、歯が痒くなる時期があるからしょうがないという方もいますが、やはり許してしまうと、噛み癖がどんどん成長してしまいます。

フレンチブルドッグは人懐っこい犬種ですが、頑固な一面もありますので、やはり成長してからではなかなか治せません。

では、どのようにするのがベストなのか、まず体罰をするのは好ましくありません。叩いたり放ってしまうようなことをすると怪我の元ですし、決して効き目がある方法ではありませんので、ダメッ!とかいけないこと!というように声を上げて叱るのが妥当です。

フレンチブルドッグは驚いてしまって、少しの間でも噛むのを止めます。このようなしつけを継続し、他には手を噛まれると痛むのでおもちゃを噛むように与えることも効果的です。

また、フレンチブルドッグによっては叱っても動じないような子犬もいます。このような場合は噛まれたらすぐに口の中に手を押し込んでしまう方法もあります。

ここで一瞬でオエッ!となってかなり記憶にすり込まれます。以後は嫌がって甘噛みはほとんどしなくなると思います。フレンチブルドッグの場合は子犬の時でも噛む力がかなり強いため、噛む場所によっては大怪我の元です。

いずれにしても噛む癖を放置してしまった飼い主さんの責任ですので、大事に至るまえにしっかりとしつけておくことが大切です。

常にスキンシップをとって、犬の気持ちとコミュニケーションすることも大事です。噛んでもフォローしなければ安心感が育ちません。噛まなくても飼い主に気持ちが通じていることをアピールしておけば、解決は早いと思います。

とは言っても、なかなか愛犬であるフレンチブルドッグの噛み癖が治らないと悩んでいる飼い主さんは大勢います。その場合、当サイトでご紹介しているDVD教材を学ぶことをお薦めしております。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにフレンチブルドッグのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、先生のやり方を実践したところ、短期間でとてもいい子なフレンチブルドッグに育てあげることに成功しています。

ですのできっと、この先生のしつけ法があなたのフレンチブルドッグもとてもいい子にするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみることをお薦め致します。