フレンチブルドッグをいい子に留守番させる方法について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

いい子に留守番させる方法

フレンチブルドッグはいきなり1人にさせられると、強い不安や恐怖心を感じ、結果的に強く吠えてしまったり、家中のものを噛んだりして、散らかし放題になることがあります。

これはフレンチブルドッグだけではなく犬全般に言えることですが、やはりしっかりとしつけを実行しなければなりません。

留守番の基本は飼い主が長い時間、家を空けることを強調しないことです。例えば、留守番だからね!いい子にしていてね!などと言って、出て行けば返って逆効果になります。

まず外出する準備をさりげなく見せること、そうしてから3分、10分などの短い時間留守にする、このようなことを繰り返します。

徐々に留守番の時間を増やしていくと、結果的に長時間家を空けても徐々に慣れていき、おとなしくしていることがほとんどになります。

他には留守番前に散歩などの運動をすれば留守中はほとんどの時間を寝て過ごしてくれますし、その分長い時間、家を空けることが可能になります。

また、子犬の時はハウスやサークル等に入れたまま出かけたほうが無難です。長時間でなければ水とトイレをしっかり準備し、他にはサークルを広めにして運動したりおもちゃで遊べるような工夫も効果的です。

おもちゃ類はガムからちょっとした運動ツールまで、また電灯はつけっぱなしにしておいたり、テレビ、ラジオなどの普段から聞いている音もつけっぱなしのほうが良いです。

また、フレンチブルドッグは体温調節が他の犬種より敏感なタイプですので、夏場や冬場はエアコンをしっかりコントロールしておくことも大切です。

つまり夏場は24度程度の適温を維持するようにタイマーなどをかけておきます。フレンチブルドッグは暑さが長引くと体調不良にも直結しますので注意してください。

留守番は当然であるかのように、また留守番をさせられたからといって色々なリアクションをしても何も効果がないことを教えることも大事です。いたずらをしたからといって飼い主がかまってしまうと、フレンチブルドッグはまた同じことを繰り返すだけです。

もしあなたが、フレンチブルドッグを飼っていて、なかなかいい子に留守番をしてくれないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介しているしつけ法を学ぶことがお薦めです。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにフレンチブルドッグのしつけに悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、先生のやり方を実践したところ、短期間で愛犬のフレンチブルドッグをいい子にすることに成功しています。

きっと、あなたの愛するフレンチブルドッグも先生のしつけ法を実践すれば、短期間でいい子にすることができると思いますので、フレンチブルドッグのしつけで悩んでいる方は、今すぐ下記より詳細をチェックすることをお薦め致します。