フレンチブルドッグがなりやすい病気についてお伝えしているページです。

病気について

フレンチブルドッグは基本的に丈夫な体質を持っています。しかし気をつけなければならない病気もあります。

フレンチブルドッグは皮膚がたるんでいますので「皮膚病」には特に気を付けなければなりません。

フレンチブルドッグの皮膚病で気をつけたいのが「膿皮症」です。不潔な環境やシャンプーを欠かしたりすると免疫力が低下して細菌類が増殖します。

皮膚に痒みが起こって掻くと脱毛や化膿なども起こりますので、薬用のシャンプーで清潔を保ったり、発症したら抗生物質を投与して増殖を抑えなければなりません。

また、フレンチブルドッグは太っているので脂性による病気も心配されます。他には短頭種のため呼吸器系も強くありません。暑さに浸ったり興奮しすぎると呼吸困難を起こすことがあります。

また、フレンチブルドッグに限らず、多くの犬種にとってかかりやすいのが「股関節による疾患」です。フレンチブルドッグもその体型から考えて間違いなくかかりやすいタイプです。

股関節脱臼を起こすと痛くて引きずるように歩きますし、ひどくなると外科手術が必要になります。室内でもフレンチブルドッグがすべらないように配慮してあげたり、肥満にならないように予防することが大切です。

また目の病気では「眼瞼外反症」があります。瞼がめくれ上がるようになって涙腺や結膜などが露出し、結膜炎や角膜炎になりやすい状態です。まぶたは常に清潔に保つこと、あまりめくれ方がひどい場合も外科手術なしでは治せません。

耳の病気としては「外耳炎」があります。耳の入り口付近から鼓膜までを外耳道と言います。この部分に炎症が起き、耳垢に混じった細菌が繁殖した場合、耳が痒くなって頭を振ったり手で掻いたり始終するようになります。

耳からは悪臭が立ち込めたり、膿が出る場合もあります。フレンチブルドッグは垂れ耳の犬種ですので、耳の中が湿っぽくなりがちです。耳掃除は定期的にケアし、シャンプーの場合は耳にお湯が入らないように要注意です。

このように、フレンチブルドッグの病気の予防には知識を蓄えておくこと、そして日頃からスキンシップをし、身体を触って健康を確かめることがとても大切です。