フレンチブルドッグのシャンプーの仕方やお手入れ方法について

TOP > 関連ページ > シャンプーやお手入れ方法

フレンチブルドッグの専門サイト

シャンプーやお手入れ方法

フレンチブルドッグの手入れにも様々ですが、やはり清潔を保つために要となるのが定期的なシャンプーです。

また、初めてのシャンプーはワクチン接種が終わった当たりから始めるようにします。それまでは蒸しタオルなどでフレンチブルドッグの身体をまんべんなく拭いてあげるようにします。

そして、初めての時はいきなりお湯をかけたりしないで、飼い主が入浴するところに連れて行ったりして、浴室の雰囲気に慣らしておくのが大事です。

シャワーヘッドやドライヤーなども使ってみせると、自分がお湯をかけられても驚くようなこともなく、安心して入浴させることができるようになります。

また、お風呂を入れるときのアイテムとしては、犬用のシャンプー、バスタオル、ドライヤー、後は安定して体を洗うことできるスペースさえあれば問題ありません。

湯音は35度程度のぬるま湯に設定しておいてから足元、お尻などの下肢からかけていき、腰や背中、首までかけたら耳の中にお湯が入らないように顔にもかけます。

シャワーの勢いが強いと、フレンチブルドッグは嫌がることがありますので注意してください。加減が難しいような場合はシャワーヘッドを変えたり、手先やスポンジなどで濡らす方法も効果的です。

フレンチブルドッグの体を全体的に濡らしたら、シャンプーをつけて泡立てていきます。顔や目に入らないように気遣いながら洗っていき、また皮膚のシワを拡げながらやさしく洗うのがコツです。

すすぎも目や鼻、耳にお湯が入らないように注意し、体の泡がしっかりとすすがれるように落としていきます。乾かす時などフレンチブルドッグは身震いをしますので、回りが汚れないように準備しておくこともポイントです。

洗い終わったらフレンチブルドッグの体をバスタオルですばやく包んであげ、水分を拭き取ってあげます。そして、水分をある程度拭き取ったら、今度はドライヤーで乾かしていきます。ドライヤーは最低30cm程度離して、温風が直接皮膚に触れないようにします。

特にフレンチブルドッグは他の犬種と比べて皮膚が弱いので、温風を正面から当てるとやけどの原因になりますので注意が必要です。

他には肛門腺絞りは定番メニューですが、痒みが出ると舐めたり擦りつけたりしますので、自分で行うことが難しい場合は、トリマーなどにコツを教わるようにしてください。