フレンチブルドッグのトイレのしつけ方についてご説明しています。

トイレのしつけ方

フレンチブルドッグはとてもなつきやすい犬種です。

フレンチブルドッグが子犬の時にトイレをしつける場合、まず体調がよいかどうかしっかり確認することが大切です。

下痢気味の場合、無理に教えてもあまり効果がありませんし、叱りつけても体力が弱くなっていますので、フレンチブルドッグには酷です。

また子犬は寝て起きた時や食後などによくトイレに行きたがりますので、まずサークル内にセットしておき、タイミングが来たらすぐにサークルに入れてあげます。

その後、排泄を上手くできたら褒めてあげること、またはなかなか出ない場合はそのまま閉じ込めておくとよいと思います。

あるいは排泄の仕方が間違ってはみ出してしまったりすることもありますが、排泄中であればきちんと位置を治してあげたり、粗相をしたことを軽く叱ること、次回はしっかりやるように意識させることが大切です。

上手にしつけが進行すれば、おしっこは?とかうんち!と言ったときにすぐに反応してトイレをするようになりますし、もちろん自然に尿意に気付いて用を足すための準備も整っていますので、今度はシートなどの用意だけは怠らないように注意しなければなりません。

トイレのしつけは大体1ヶ月程度かかると思います。この間にトイレが複数個所にあるのであれば徐々に減らしていき、フレンチブルドッグが好んで排泄するところに落ち着かせることができれば、シート代なども節約できるようになりなお効果的です。

早ければ1週間かそこらで、また遅い場合は3ヶ月もかかるかもしれません。やはり飼い主としては根気が何より大切です。

またフレンチブルドッグの性格も様々です。叱り方をもっと派手にしたほうがよいとか、この子の場合は大人しいからとか、加減を覚えることも飼い主にとっては重要です。

もしあなたが、フレンチブルドッグのトイレのしつけがあまり上手くいかないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介するDVD教材をお薦めしております。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにフレンチブルドッグがなかなか言うことを聞いてくれないと悩んでいた、延べ10000人の飼い主さん達が、先生のやり方を実践したところ、短期間で何でも言うことを聞く、フレンチブルドッグにすることに成功しています。

ですので、あなたも先生のやり方をしっかりと実践すれば、今飼っているフレンチブルドッグを短期間でとてもいい子にすることができるはずですので、今すぐ詳細を下記より確認してみてください。