フレンチブルドッグが嘔吐をしてしまう原因について

嘔吐をする原因

フレンチブルドッグが急に嘔吐した場合、吐いた直後からほぼ問題なく元気な状態の時はあまり心配はいりません。

他には黄色いような胆汁を吐いたりすることもありますが、軽い腹痛程度ですぐに回復する場合は問題ありませんが、何度も続くような時は病院で早めの診断が大切です。

他には、フレンチブルドッグがおかしなものを飲み込んでしまったり、毒物を散歩中に舐めてしまったような場合も病院は必須です。嘔吐と下痢はフレンチブルドッグにとって消化器系の2大症状です。

また飼い主であればすぐに分かる症状ですので、嘔吐したものを実際に持っていくと診療がスムーズに進みます。

病気の場合は食道症や潰瘍、腹膜炎や胃腸炎、肝臓疾患や脳疾患なども疑われます。また、吐き気はあるのに内容物がもう無いような場合は、胃捻転や腫瘍の疑いもあります。

過食したり食中毒を起こした場合はまだ軽度ですが、吐いたものに茶色いような色がはっきり見られる場合は、重い症状が出ている証拠です。

腸の一部が膨張してしまうリンパ管拡張症などが起こると外科手術が必要ですし、できるだけ早い処置をしないと、フレンチブルドッグの命に関わる危険もあります。

また、フレンチブルドッグが身体を正常に保つために生理現象として、胃の内容物を吐く場合があります。散歩途中で草を食べて吐く場合もそうですが、胃の中を洗浄するための行為です。

ですが、フレンチブルドッグがかなり苦しそうだったり、動悸などが激しい場合は、やはり異常が起こっていると考えるのが妥当です。

普段からドッグフードが多い場合、食後によく運動しないでぐったりとしています。少量を数回に分けるなど工夫をして休ませたり、食べ物が不衛生な場合はトレイを清潔に保つことも大切です。

一緒にかわいがっているからといって、人間が食べた残りを与えたりすると塩分過多になったり脂分も多すぎて胃のトラブルが起こりがちです。おかしなものが近くにある場合は目の届かないところに移動してから、フレンチブルドッグを自由するようにしてください。