フレンチブルドッグの正しい散歩の仕方についてご説明しています。

正しい散歩の仕方

フレンチブルドッグは他の犬種よりも運動量は少なめです。では、散歩は不要で室内で遊ぶだけで問題ないかといえばそんなことはありません。

散歩はフレンチブルドッグにとって運動以外にたくさんの効果があります。

例えば気分転換やストレス解消、ずっと同じ室内にいれば人間でもストレスが溜まります。やはり、健康を維持するためにも欠かせないのですし、他人や犬との出会いを通して、社交性や協調性を身につけることを学んでいきます。

また飼い主にとって散歩はリーダーシップを発揮する大きな場面です。時間もコースも設定し、リードをしっかり持って主導権を握ることが飼い主の役目です。

フレンチブルドッグが行きたがっているから行くのではなく、飼い主が時間を設定してそれに従わせるのがコツです。フレンチブルドッグの散歩の頻度は1日に2回、時間は10分から15分くらいが理想です。

また、スタート時期は2回目のワクチン接種後、伝染病への抵抗力がしっかりついてからが基本です。

最初のうちはフレンチブルドッグが首輪やリードに慣れていませんので、室内で多少慣れさせておいて、外出して興奮している場合は、そのまま放置して落ち着いてから始めるようにします。

歩き始めは飼い主が先に出て、交差点をわたるような場合も飼い主が先に合図してから渡るようにします。決してフレンチブルドッグを先に行かせないようにします。

フレンチブルドッグを先に行かせてしまうことが多くなると、フレンチブルドッグは自分の方が立場は上だと思い込んでしまい、徐々に上下関係が崩れてしまいます。

そうなると飼い主の言うことを聞かなくなってしまうこともありますので、必ず飼い主がリードすることです。

また、始のうちは道端に落ちているものを拾い食いしたり、ゴミをあさったりもよくしますが、中毒にかかったり怪我にもつながりますので、すぐにリードを引っ張って食いとめるようにします。

人間や他の犬に会ったらリードを短くして大きくリアクションしないように、吠えたりすると迷惑がかかりますので要注意です。

帰宅したときのケアとしては、目にゴミが入っていないかどうか、足裏に怪我はないかどうか、身体があまりに汚れていないかどうかをチェックすることがポイントです。